結婚式写真

結婚式の持ち込みカメラマンのメリット・デメリット

「結婚式で後悔したこと」という話を聞くと高確率で、「結婚式当日の写真」という声が出てきます。

「写真が本当に気に入らなかった、こんなことなら自分たちできちんとカメラマンを探せばよかった」という話を、先日結婚式を上げた友人にもされました。

私自身、現役のカメラマンなので、カメラマン目線でいろいろな結婚式の写真を見る機会があります。それらの写真を見てると「カメラマン」と呼ばれる人たちの撮影技術は人によって本当にバラバラです。

もちろん式場が契約をしているカメラマンでとても素敵な写真を撮る人はたくさんいるのですが、(特に東京などの都市圏での)式場によっては新人のカメラマンを雇っている場合も多く、中には求人サイトでアルバイトカメラマンを募集している式場もあるほどです(アルバイトのカメラマンが撮影してもデータのみで20万円程度…ということもあります)。

特に繁忙期の10月〜11月、3月〜5頃は慢性的なカメラマン不足ということもあり、注意が必要です。

もし、結婚式の写真に後悔したくないのであれば、事前に式場のウェディングプランナーとカメラマンの過去の写真作品を見せてもらったり担当カメラマンと直接会うことが良いでしょう。もしくは、自分たちで「持ち込み」という形で、カメラマンの過去の写真作品を見ながら、気に入ったカメラマンを探すことが結婚式の写真で後悔しないコツです。

続きを読む

結婚式 持ち込みカメラマンでこだわりの写真撮影を

一生モノの結婚式。披露宴当日の写真撮影。

結婚式の写真は新郎新婦にとっても、とても重要な要素の一つではないでしょうか。

実はウェディングフォトを撮影するカメラマンはとても人口が多く、その腕は残念ながら正直バラバラです。特に東京のカメラマンは結婚式を挙げる人の数も多く、カメラマン、カメラマン志望の学生も多く、中にはアルバイトが撮影していることもあるのです(アルバイトが撮影していてもカメラマンの撮影料金はプロが撮影しているものと同額です)。

カメラマン選びは慎重にすることをおすすめします。

今回は持ち込みカメラマンを入れようか悩んでいたり、持ち込みカメラマンの探し方で悩んでいる新郎新婦向けに書いていきます。

プランナーさんに「結婚式写真にはこだわりたい」と伝えよう

ウェディング 集合写真

「思い出をきれいに残す」ためには、スキルと経験のあるプロカメラマンにお願いすることが必要不可欠

まず第一に、ウェディングプランナーさんに披露宴の写真にはとてもこだわっている旨を伝えましょう。できれば契約前にその話をしてしまうことが良いです。

契約後は次から次に決めることが山積で、きっと式場側のペースで持っていかれてしまうでしょう。

もし、親族がカメラやアート、デザイン関係の仕事をしている上であれば、その点も伝える方が良いです(結婚式場は新郎新婦や親族、ゲストからのクレームが出ないように動いています。カメラマンが身内にいたり自分自身がカメラマンであれば、きっと一番いいカメラマンをセッティングしてくれるでしょう)。

「お任せください」だとか「厳選したカメラマンしか所属していません」とか「経験の長いカメラマンしかいません」といった、話をされるかもしれませんが、もし式場のカメラマンにお願いするのであれば、必ずそれぞれのカメラマンの過去作品を見せてもらい、指名をすることが大切です。

「いい写真」という言葉はよく使いますが、カメラマンが100人いたら100通りの撮影をしますし、それに加えて「いい写真」も見る人の価値観によって大きく変わります。

(ちなみに経験の長さと腕の良さは比例しないことも多いです。裏を返すと「昔ながらの(イマドキではない)写真」になるリスクもあります)

写真室のカメラマンとは対面で話をしよう

挙式・披露宴のカメラマンでしたら、ホテルの写真室にテナントという形で常駐している写真事務所もあるのでその場合でしたら写真室を見学をさせてもらったり、カメラマンと話をしてみるのも良いでしょう(私は自分自身の結婚式の際には、事前に写真室を見学させてもらい、カメラ機材も何を使っているのか、確認しました)。

また、対面で話をした時の印象は非常に大事です。私は契約前に自分自身が現役のカメラマンであることを伝えた上で、式場のカメラマンさんとお会いし(ウェディングフォト業界では大手の写真事務所)、対面で話をさせていただきました。

いらっしゃったのはおそらく写真室の偉い人だとは思うのですが、彼が持っていたヒアリングシートに、メモ書きで「新郎はカメラマン。面倒だと思いますがよろしくお願いします」といった文字が入っているのが目に入り、この写真事務所に披露宴の写真撮影はお願いしないと心に誓い、信頼をおいているカメラマンに撮影をお願いし、地方から東京まで来てもらいました。

細かなところかもしれないのですが、カメラマン選びだけでなく、結婚式前に疑問点がある場合には必ずクリアをさせておくべきでしょう。

写真撮影だけでも安いものではないので、モヤモヤしながら当日を迎えるのはもったいないです。

自力で持ち込みカメラマンを探す

結婚式場に気になるカメラマンがいなかったり、自分たちでカメラマンを手配したいと思ったら「持ち込みカメラマン」としてフリーのカメラマンを探すことになります。結婚式場の他にも、レストランウェディングや二次会など、カメラマンとの繋がりがない会場で、自分でカメラマンを探さなければいけません。

紹介(口コミ)

一番確実なのはすでに結婚式を挙げた友人にカメラマンを紹介してもらうことです。

その場合友人が持っているアルバムや写真データも見せてもらいましょう。

アルバムはデザインが載っているので、写真一枚ずつの仕上がりを直感的に判断しにくいことがありますので、可能であればデータを一枚ずつ見せてもらうのも良いでしょう。

InstagramなどSNSで探す

最近ウェデイングカメラマンたちの営業ツールとしてにわかに使われているのが、Instagramです。

ツイッターやFacebookなどもありますが、これらでは効果がなかったのに、Instagramにタグ付けして写真を載せると問い合わせが来るようになったという話をよく聞きます。

Instagramからカメラマンを探すのもありでしょう。

持ち込み撮影を対応している結婚式カメラマンのホームページで探す

カメラマンが持っている個人のホームページからさがすというのも一つの手です。

  • 「結婚式 フリーカメラマン」
  • 「挙式 フリーカメラマン」
  • 「持ち込みカメラマン 東京」
  • 「持ち込みカメラマン 大阪」

などといったキーワードで探してみましょう。

経験したことある結婚式場のリストなどあれば参考にするのもありでしょう。

持ち込みカメラマンを探せるマッチングサイトを使う

ウェディング写真の依頼ができるカメラマンのマッチングサイトから撮影依頼を出すのも一つです。

結婚式の持ち込みカメラマンを探せるカメラマンマッチングサイト

Famarry

ウェディングカメラマンのマッチングサービス「Famarry」

Famarryでは、結婚式当日のスナップ撮影にも対応しています。

OurPhoto

キッズフォトやファミリーフォトに強い「Ourphoto」

出張撮影のOurPhotoもカメラマンによっては結婚式や二次会の撮影に対応している。

プロカメラマンだけのウェディングフォトのマッチングサイトを準備中

最後に宣伝となってしまうのですが、現在TOTTA Weddingというウェディングフォトの撮影ができるプロのカメラマンのみのマッチングサイトを準備しています。

登録されるカメラマンは全員プロカメラマンによる写真審査、対面での面接を通過した人たちであり、写真撮影を生業としている人のみが登録可能です。

撮影料金は10万円〜を想定しています。

友人に結婚式の写真撮影を頼んではいけない理由|友人カメラマン

人生の一大イベントである結婚式。

結婚式に欠かせないウェディングカメラマン。

結婚式場にカメラマンを頼むとデータのみで、20万円程度。

確かに、式場のカメラマン費用は高いです。

しかし、「ただ安くしたい」という理由だけで、安易に「カメラ好きの友人」にカメラ係をお願いするのはお勧めしません。

私自身何度も持ち込みカメラマンとして友人の挙式・披露宴の撮影をしてきました。現役カメラマンだからこそ痛感している、ウェディング撮影の(技術的・やりやすさ、両面からの)難しさ、持ち込みカメラマンとして結婚式撮影を友人に頼まないほうがいい理由をお話しします。

(写真撮影を生業としているプロのカメラマンであれば友人からの結婚式の撮影依頼は、またとない嬉しい話です。喜んで受けてくれると思いますので、ぜひ相談してみてください)

理由1: 結婚式の写真撮影では難易度が高い

結婚式、挙式・披露宴の写真撮影はプロのカメラマンでも、撮影が難しいと言われる分野の一つです。

日常的にウェディングフォトを撮影しているプロカメラマンであればもちろん対応できる撮影案件でも、アマチュアカメラマンではそうはいきません。

基本的にウェディングフォトの撮影スキルを持ち合わせるには普段から会場が暗く、ストロボ使用が必須のイベントスナップ撮影の撮影経験があるカメラマンに限ります。

理由2:失敗のリスクが高く、友人の失敗は責められない

結婚式 花束

アマチュアの撮影だからこそ、失敗のリスクも高い

「理由1」にも述べたように、結婚式やスナップ撮影によほど慣れている人でなければ、安心して任せることは難しいとお考えください。

披露宴の写真撮影は何度が高い故に、失敗のリスクがとても高いジャンルです。

  • 欲しかった瞬間の写真が撮れていない
  • 他の人がかぶっていて新郎新婦が撮れていない
  • ぶれている
  • 暗い
  • 色合いがおかしい

など、心配点はたくさんあります。

結婚式場の照明の読み方(その場の明かり(地明り)の色合いや明るさを確認しながら、それにカメラのストロボをどのくらいの光量で発光するかなど)や、シチュエーション別のカメラの設定が素早くできるかなど、カメラマンが結婚式の撮影中行なっていることは非常にたくさんあるのです。

もし友人がこれらの設定がわからず(特に結婚式場の光の読み方はクセがあります)、失敗しても責めることはできないでしょう。

理由3:アマチュア故の写真データ損失のリスク

結婚式のビデオカメラマンはメインカメラの上にGoProなどのアクションカムや小さなホームビデオを乗せている光景を見たことはないでしょうか。

あるいは、カメラマンが集合写真を撮影する際、あえて二台のカメラに分けて撮っているのを見たことはないでしょうか。

実はこれ、全てデータが万が一飛んだ場合の時に備えたバックアップ撮影です。

結婚式のカメラマンが常に肩からカメラを二台以上ぶら下げて撮影をしているのには、カメラレンズの交換の手間や時間を省くためでもあるのですが、一台のデータが万が一何らかの理由(多くは内蔵のSDカードやCFカードは静電気により、データが飛ぶ)でデータが飛んだ時に備えているのです。

その上プロ向けのカメラはSDカード二枚だとか、SDカードとCFカードだとかを二枚挿せるダブルスロットを採用しています。

プロが使っている一眼レフカメラのクラスであれば、ダブルスロットを採用しているものが多く、撮影する場合には二枚のカードに同時書き込みしており、万が一どちらのデータが飛んだとしても片方は助かるという算段なのである。

ただし、プロカメラマンではない場合、そのような撮り方をできるカメラを持っているかどうかが懸念点としてあげられます。

理由4:結婚式の写真撮影は友人カメラマンへのストレスが大きい

  • 撮影難易度の高さ
  • 撮影ミスのリスク
  • データ損失リスク

などの中、撮影をするとなると慣れていない人なら披露宴が始まる前からどのように対応すればいいかわからず、緊張状態に置かれ続けます。

新郎新婦から「ご飯は食べてもらってもいいから」と言ってくれたとしても、披露宴の撮影中に料理どころか水を口にする暇は全くと言っていいほどありません。

撮影モードに入ってしまうと、それどころではないのです。

緊張状態が続き、カメラマン役の友人は結婚式を楽しむことは難しいでしょう。

理由5:友人カメラマンの写真は一枚も残らない

結婚式 集合写真

写真を撮っている「ゲスト」の友人の写真は残らない

当たり前のことではあるのですが写真を撮っている友人は、彼の写真の中に入ることができません。

理由6:友人でも「持ち込みカメラマン」に「当たり」が強い式場の存在

式場からすると、持ち込みカメラマンは「お客様」ではなく「お客様というテイ」の業者です。実際、「本当の友人」かどうか、これは確かめようがありませんが、「業者風」の人も多いのでしょう。疑心暗鬼になっている式場もあるように思います。

私自身、学生時代の友人などに頼まれて、友人の結婚式に出席者兼撮影係としてお伺いすることがありますが、(本職がカメラマンということもあってか)式場はおそらく外部のカメラマンを持ち込んだと思ったのでしょう、タメ口だったり上から目線で私に支持を出してきたり、「カメラを持っているのなら表を歩くな、裏動線を使え」「ここには入るな」といった形で苦言を呈されるという経験は一度だけではありませんでした。

もちろん私自身に当たりの強い物言いをしていたプランナーさんや会場さんも、新郎新婦の前では笑顔でヘコヘコ。新郎新婦はそのあたりの強さに気付くことはありません。

後述していますが、フリーカメラマンの料金相場を見ると、データのみで20万円を新郎新婦が支払う写真で、いかに写真撮影が式場にとって利益率が高いかがんかります。これらにアルバムを追加すれば30〜35万円くらいは売り上げが出るわけです。

カメラマンを持ち込むということは持ち込み料金や出席者としての席料金(料理代金、食べる余裕はありませんが)は新郎新婦に請求が行きますが、利益率はもちろん下がります。式場が、基本的に持ち込みカメラマンを嫌がるのはそのようなところに理由があるわけです。

カメラマンは他のゲストと同じようには楽しめない

カメラマンとして披露宴に入ってしまうと、きちんと撮ろうとすればするほど動きは「スタッフ」になってしまいます。ゲストとして楽しむのは難しいでしょう。

同じテーブルで料理を食べることもできませんし、各種サプライズや出し物も事前にタイムテーブルで知っていたり、それを撮るためにファインダー越し匂い続ける必要があるのです。

解決策:ウェディングのプロカメラマンお願いする

私が一番オススメするのは、結婚式の写真撮影を得意とするプロのカメラマンにきちんと依頼をするということです。

たしかに、式場で撮影を依頼すると東京であればデータだけで20万円程度、大阪でも15万円程度〜であることが多く、アルバムを追加するとなると一冊あたり数万円追加されます。

(ちなみに、式場の中間マージンは時に50パーセントになることもあると言われており、そこから写真事務所のマージンが抜かれるのでカメラマンのギャランティとなる料金は新郎新婦が支払ってる額の3割程度となることもあります)。

予算を削減したいという方もそうですが、写真にこだわりたいという新郎新婦にはカメラマンのホームページやInstagramなどのSNS、カメラマンのマッチングサービス経由で自分たちのこだわりを実現してくれるカメラマンを探すのも良いかもしれません。

大切な結婚式、後悔のないよう、色々とカメラマンを探してみるのも良いのではないでしょう。

友人にはメインのカメラマンとしてではなく、ゲストとしてたくさん撮ってもらう

今まで書いた内容は、写真好きなプロではない友人にメインとなるカメラマンを依頼したら…という話です。

メインとしての依頼というわけではなければ「気が向いたら写真をたくさん撮ってほしい」という程度でもいいかもしれません。

写真好きな人であれば、あなたの良い表情をたくさん撮影してくれるはずですから。

「ゲスト」として出席したからこそ撮れる写真がたくさんある

ゲストとして出席したら、メインのカメラマンのように、披露宴の流れを逐一追うということは現実的に不可能です。

しかしゲストとして出席したからこそ、ゲスト同士の記念写真などをたくさん撮って、新郎新婦にプレゼントすることができるでしょう。

仲良し動詞の写真だからこそ撮れるゲストの写真は当日入ったメインのカメラマンには撮ることができない財産です。

友人のプロカメラマンに撮影依頼する

結婚式の写真撮影に長けている友人であれば、先述したような「負担」もなく、とても楽しんで撮影をしてくれるでしょう。

私自身も友人の結婚式の写真撮影をプロとして依頼してもらっていますが、とても楽しく、そして写真撮影を自分に依頼してもらってとても嬉しく思います。

「友人だから安く」ではなく、「友人だからこそ正規の値段」を払ってあげてください

きっと安くお願いしても、友人のプロカメラマンはしっかりとした仕事をしてくれることでしょう。

ウェディングカメラマンとして活躍している人は基本的に土日祝日は撮影が入っているものです。売れっ子ともなると一本の撮影で撮影料金が5〜6万円程度の人も珍しくはなく、その中で「友達だから安くしてほしい」というお願いをするということはカメラマンにとっては通常の撮影を受けるより数万円も損失を出すことになります(もちろん中には10万円程度で受けている人もいます)。

カメラマンの友達も値下げ交渉を受けてくれるかもしれませんが、友達だからこそカメラマンが通常受けている金額かそれに近いものを提示してあげましょう。

その方が新郎新婦も後ろめたくないですし、カメラマンも心の引っかかりがないまま気持ちよく仕事をしてくれます。

自営業にとって撮影料金は死活問題なのですから。

プロカメラマンの結婚式の写真撮影料金について

結婚式 ポートレート

結婚式カメラマンの料金相場とは…?

先程売れっ子のカメラマンであれば5〜6万円程度という話をしました。

簡単ではありますが、相場感の概算を書かせていただきます。

もちろんこれは地域(都市)や条件によって大きく料金が変わることもありますので、参考程度としてお考えくださいませ。

特に東京と大阪、それ以外の都市では状況が違うようです。特に北海道の結婚式は会費制ということもありますので、料金体系もそのエリアのカメラマンに直接確認をしてください。

あくまでも私が東京で結婚式の撮影をしているカメラマンや写真事務所の人から見聞きした情報をベースに書いています。

撮影料金(想定)
アルバイト数千円〜(時給制)
駆け出しフリーランス(データのみ)1万円〜1.5万円
フリーランス(データのみ)2万円〜6万円
写真事務所(データのみ)10万円〜
式場(データのみ)20万程度
式場(データ+アルバム)25万円〜

この表を見て「アルバイトがカメラマンとしてくることがあるの?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、アルバイトのカメラマン(カメラ係)が可動することも現実として起きていますし、求人サイトにもウェディングカメラマンのアルバイト募集が出ています。場合によって未経験者もとっているところもあるようですが、彼らがどれだけの研修を受けているのかは私にはわかりません。

カメラマンのアルバイト求人に関してこちらのブログに詳しく書かれています。

カメラマンの求人に応募してみる

ただ私が言えることは、私自身が未経験からスナップ写真を自信持って撮れると言えるようになったのは、ほぼ毎日シャッターを切って少なくとも3年はかかった、ということです(今思えばそれでもまだまだです)。

ウェディング写真は決して簡単なものではないし、新郎新婦にとってとても大切なイベントなのだから、きちんとしたプロのカメラマンが撮影すべきです。

だかこそ、カメラマン選びを式場に「おまかせ」するのではなく、自分たちで必ず作品を見ながらじっくり探すことが大切なのです。

プロのウェディングカメラマンを探せるマッチングサービスを構築中です

最後に宣伝となってしまい恐縮なのですが、現在TOTTA Weddingという結婚式の当日スナップ撮影専門のカメラマンマッチングサービスを準備中です。

まだまだ準備中のサービスなので、画面をお見せすることはできないのですが、日本・全国の「誰でも登録できる」ではなく、写真を生業にしているプロのカメラマンのみを審査制で登録する、マッチングサービスになります。

新郎新婦が満足できる写真を提供する、そんな写真撮影体験を提供できるインフラとなればと考えています。