結婚式 持ち込みカメラマンでこだわりの写真撮影を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一生モノの結婚式。披露宴当日の写真撮影。

結婚式の写真は新郎新婦にとっても、とても重要な要素の一つではないでしょうか。

実はウェディングフォトを撮影するカメラマンはとても人口が多く、その腕は残念ながら正直バラバラです。特に東京のカメラマンは結婚式を挙げる人の数も多く、カメラマン、カメラマン志望の学生も多く、中にはアルバイトが撮影していることもあるのです(アルバイトが撮影していてもカメラマンの撮影料金はプロが撮影しているものと同額です)。

カメラマン選びは慎重にすることをおすすめします。

今回は持ち込みカメラマンを入れようか悩んでいたり、持ち込みカメラマンの探し方で悩んでいる新郎新婦向けに書いていきます。

プランナーさんに「結婚式写真にはこだわりたい」と伝えよう

ウェディング 集合写真

「思い出をきれいに残す」ためには、スキルと経験のあるプロカメラマンにお願いすることが必要不可欠

まず第一に、ウェディングプランナーさんに披露宴の写真にはとてもこだわっている旨を伝えましょう。できれば契約前にその話をしてしまうことが良いです。

契約後は次から次に決めることが山積で、きっと式場側のペースで持っていかれてしまうでしょう。

もし、親族がカメラやアート、デザイン関係の仕事をしている上であれば、その点も伝える方が良いです(結婚式場は新郎新婦や親族、ゲストからのクレームが出ないように動いています。カメラマンが身内にいたり自分自身がカメラマンであれば、きっと一番いいカメラマンをセッティングしてくれるでしょう)。

「お任せください」だとか「厳選したカメラマンしか所属していません」とか「経験の長いカメラマンしかいません」といった、話をされるかもしれませんが、もし式場のカメラマンにお願いするのであれば、必ずそれぞれのカメラマンの過去作品を見せてもらい、指名をすることが大切です。

「いい写真」という言葉はよく使いますが、カメラマンが100人いたら100通りの撮影をしますし、それに加えて「いい写真」も見る人の価値観によって大きく変わります。

(ちなみに経験の長さと腕の良さは比例しないことも多いです。裏を返すと「昔ながらの(イマドキではない)写真」になるリスクもあります)

写真室のカメラマンとは対面で話をしよう

挙式・披露宴のカメラマンでしたら、ホテルの写真室にテナントという形で常駐している写真事務所もあるのでその場合でしたら写真室を見学をさせてもらったり、カメラマンと話をしてみるのも良いでしょう(私は自分自身の結婚式の際には、事前に写真室を見学させてもらい、カメラ機材も何を使っているのか、確認しました)。

また、対面で話をした時の印象は非常に大事です。私は契約前に自分自身が現役のカメラマンであることを伝えた上で、式場のカメラマンさんとお会いし(ウェディングフォト業界では大手の写真事務所)、対面で話をさせていただきました。

いらっしゃったのはおそらく写真室の偉い人だとは思うのですが、彼が持っていたヒアリングシートに、メモ書きで「新郎はカメラマン。面倒だと思いますがよろしくお願いします」といった文字が入っているのが目に入り、この写真事務所に披露宴の写真撮影はお願いしないと心に誓い、信頼をおいているカメラマンに撮影をお願いし、地方から東京まで来てもらいました。

細かなところかもしれないのですが、カメラマン選びだけでなく、結婚式前に疑問点がある場合には必ずクリアをさせておくべきでしょう。

写真撮影だけでも安いものではないので、モヤモヤしながら当日を迎えるのはもったいないです。

自力で持ち込みカメラマンを探す

結婚式場に気になるカメラマンがいなかったり、自分たちでカメラマンを手配したいと思ったら「持ち込みカメラマン」としてフリーのカメラマンを探すことになります。結婚式場の他にも、レストランウェディングや二次会など、カメラマンとの繋がりがない会場で、自分でカメラマンを探さなければいけません。

紹介(口コミ)

一番確実なのはすでに結婚式を挙げた友人にカメラマンを紹介してもらうことです。

その場合友人が持っているアルバムや写真データも見せてもらいましょう。

アルバムはデザインが載っているので、写真一枚ずつの仕上がりを直感的に判断しにくいことがありますので、可能であればデータを一枚ずつ見せてもらうのも良いでしょう。

InstagramなどSNSで探す

最近ウェデイングカメラマンたちの営業ツールとしてにわかに使われているのが、Instagramです。

ツイッターやFacebookなどもありますが、これらでは効果がなかったのに、Instagramにタグ付けして写真を載せると問い合わせが来るようになったという話をよく聞きます。

Instagramからカメラマンを探すのもありでしょう。

持ち込み撮影を対応している結婚式カメラマンのホームページで探す

カメラマンが持っている個人のホームページからさがすというのも一つの手です。

  • 「結婚式 フリーカメラマン」
  • 「挙式 フリーカメラマン」
  • 「持ち込みカメラマン 東京」
  • 「持ち込みカメラマン 大阪」

などといったキーワードで探してみましょう。

経験したことある結婚式場のリストなどあれば参考にするのもありでしょう。

持ち込みカメラマンを探せるマッチングサイトを使う

ウェディング写真の依頼ができるカメラマンのマッチングサイトから撮影依頼を出すのも一つです。

結婚式の持ち込みカメラマンを探せるカメラマンマッチングサイト

Famarry

ウェディングカメラマンのマッチングサービス「Famarry」

Famarryでは、結婚式当日のスナップ撮影にも対応しています。

OurPhoto

キッズフォトやファミリーフォトに強い「Ourphoto」

出張撮影のOurPhotoもカメラマンによっては結婚式や二次会の撮影に対応している。

プロカメラマンだけのウェディングフォトのマッチングサイトを準備中

最後に宣伝となってしまうのですが、現在TOTTA Weddingというウェディングフォトの撮影ができるプロのカメラマンのみのマッチングサイトを準備しています。

登録されるカメラマンは全員プロカメラマンによる写真審査、対面での面接を通過した人たちであり、写真撮影を生業としている人のみが登録可能です。

撮影料金は10万円〜を想定しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。