会社案内・ホームページ(HP・Web)用写真の撮り方テクニック|カメラマン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は、普段写真撮影を業務としていない方が、会社のホームページやパンフルットといった会社案内用の写真撮影担当になってしまった方が参考になるように書かせていただいています。

また、写真撮影自体はプロのカメラマンへの依頼を考えている場合にも是非読んでもらいたい部分です。

カメラマンという職業はどうしても写真撮影が中心となってしまいますため、撮影前からのディレクションやコンサルティング的な対応は行なっていない方が殆どです。

そのためプロ向けとはいえ、担当さんとなりましたら撮影の準備から当日まで、実はやることがたくさんあります。

準備編

ホームページ、会社案内のコンセプトやデザイン案を確認しよう

写真撮影の前に、必要なのはどのような会社案内なのかという制作のコンセプトを確認することです。

また、会社の色もありますので、重厚感のあるデザインを目指しているのか、明るい爽やかなデザインを目指しているのかだけでも撮り方や当日持ち込む写真機材は変わってきます。

そのほかにも例えば、求人用ホームページ用の写真であれば

  • 新卒用(若い社員を中心に写したり、楽しそうな雰囲気を出す)
  • 中途用(同じく中途で活躍している人のインタビューコンテンツや写真を入れる)
  • 女性の採用(社内の女性向けサービス施設や、子供がいる社員であれば時短勤務もできるという写真)

といった形で、写真の色合いや明るさといった違いだけでなく、撮影する内容や被写体の選び方なども変わってくるのです。

これらのコンセプトや撮り方は事前に社内で確認を取り、撮影日の前にはカメラマン宛に資料として共有しておくと、スムーズに撮影が進みます。

また、デザイン会社が決まっている場合には、事前にラフ案といったデザイン案が準備されていることがありますので、デザイン会社と相談しながら進めるのもよいでしょう。

ホームページ用写真に必要なカットリストをまとめる

コンセプトや撮りたいイメージが固まったら、次は必要な写真のリストを作ることです。

デザイン事務所からの発注であれば、絵コンテまで仕上げてカメラマンに資料が事前に共有されますが、ある程度の箇条書きのテキストがあれば十分です。

カットリストを作るのには、まずこれらの情報を整理します。

  • 会社案内やホームページのコンテンツはどのようなものがあり、どのページにどのような写真が必要かをリストアップする(例:スタッフが働いている様子、社長のポートレート写真 等)
  • デザイン会社にデザインを依頼している場合、デザインカンプ(仮デザイン)のデータをもらい、どの部分に写真が必要なのかを確認する

この二つをまとめて初めて、写真の内容、モデルとなるスタッフは誰をブッキングすれば良いかというステップになります。

ある日の会社案内で撮影したカットリストは以下のようなものでした。

  • 社長ポートレート(2カット。座り、立ち)
  • 社員の働いている様子(1人1カット。3人)
  • インタビュー写真(1人左右から1カットずつ、合計2カット、3人)
  • オフィス内観(3部屋、一部屋あたり2〜3カット)
  • カメラマン向けであれば当日カットリストを参考に、ヒアリングをしながらイメージの写真に近づけていくことになりますので、このくらいざっくりしたリストでも問題ありません。

オフィスを掃除する

例えば机の上のペットボトルやゴミ箱、消火器などは、写真になった時、肉眼で見るより非常に目立ちます。

写真撮影の段階で掃除をしていると、時間が非常かかってしまいますので(特にプロのカメラマンを時間制でお願いしている際など、ロスが生じます)、事前に撮影に使用する場所は掃除をするだけでも写真の仕上がりは変わります。

写真撮影係(カメラマン)を決める

できる限り写真撮影が得意な人に依頼するのが良いでしょう。

また、人物写真というのは写真撮影自体が得意な人でも、普段人物を撮っていない人からするととても難しいことではありますし、プロのカメラマンではないのはもちろんですので、周りの人たちの協力も必要でしょう。

ホームページ、会社案内用のモデル役を決める

会社案内、ホームページに載ってもらえるモデル役の社員さんをブッキングしましょう。

選び方としては主には

  • 会社のイメージ合っているか
  • 今回訴求したいことに関わっている人か、もしくは属性の近い人か
  • 楽しんで写真撮影に応じてくれる人か(とはいえ恥ずかしがる方が殆どです)

ということでしょう。

美容系の会社やサロンだとすると「美人を中心に集めました」と言われるように、会社によって適切なモデルはそれぞれです。

ホームページ用写真のモデルを社員に依頼する際のリスク

被写体となっていた社員が、退社したときです。

私がよく追加撮影でもらうのは「社員が辞めたから、別の社員で撮り直したい」と言われることがあります。

社員さんが辞めたとしても、写真を使い続けるかどうかは会社と社員の間の契約書次第ということもあるようですが、退社した社員の写真は使いづらいと言う話をされる担当の方は多くいらっしゃいます。

そのようなリスクを避けるために、専門のモデルをブッキングしたり、写真販売サイトでイメージに近い写真を購入するということも多いようです。

たど、私自身はコーポレートサイトやパンフレットでの購入した写真を使うことは、リアルさに欠けますし、そもそも「どこかで見たことある写真」を使うことはブランディングにも関わりますし、あまりオススメしておりません。

ホームページ用、会社案内用写真撮影当日

事前に決めたカットリストに沿って撮影を行う

撮影漏れがないよう、事前に決めた必要な写真のカットリストは必要で、そのカットリストを埋める形で撮影するのがよいでしょう。

また、場合によってはモデルの方のスケジュールの方と照らし合わせ、香盤表を作成することも大切です。

  • カットリスト
  • 香盤表

これが、撮影の軸となる大切な資料です。

当日はこれらに沿って写真撮影を進めていくことになります。

(想定していた写真が場所などの条件により撮影できなかった、いるはずのモデル役の社員が外回りからまだ戻ってきていないなど、予定とずれることは我々が撮影していてもよくあることなので、臨機応援に対応していきます)

写真は周りの「盛り上げ役」でより良くなる

これは社外のプロのカメラマンに依頼した時などによく言われることです。

私自身も出張撮影で様々な会社に行き、会社案内やホームページ写真を撮影させていただくことが多いのですが、プロのカメラマンとはいえ、初めてお会いした方ばかりですので、その人のことをよく知っている周りの人たちの協力はとても大切なのです。

撮影中被写体の方に声をかける(わかりやすい言葉で言うならばテレビの「ヤジ」に近いかもしれません)方がいらっしゃってくれるととてもよい笑顔を引き出せることがあります。

(もちろんこれは若手社員さんの写真撮影の時のみの話ではあります)

それほどその場の「雰囲気」は大切です。

プロのカメラマンに写真撮影を依頼する

せっかく写真撮影を依頼するならプロのカメラマンに依頼するというのも一つの手段です。

もちろん社内で撮影する場合よりも、撮影料金は必要になりますが、より良い品質の写真を広報ツール、求人用ツールとして使うことはより良い結果につながります。

私はビジネスにおいての写真はあくまでも「投資」であり、きちんとした会社の写真を撮影し、ブランディングに利用することで最終的にはその写真に欠けたコストの何倍にもなって帰ってくるのです。

プロのカメラマンが撮影した会社案内、ホームページ用の写真ギャラリー

プロのカメラマンに写真撮影を依頼したら、以下のような写真に仕上がります。一部サンプルとして紹介しています。

ヨガスタジオ
ヨガスタジオのホームページ用写真
ヨガスタジオ
ヨガスタジオのホームページ用写真
町工場 工場
町工場のホームページ用写真
住宅メーカー用写真
物件の紹介用として住宅メーカーのホームページに使用する写真。
働く様子
不動産会社のポートレート写真
仕事中
医療系研究機関、働いている様子
プロフィール写真
ホームページ用プロフィール写真
北海道の工場
北海道の工場 ホームページ用写真
工場 ポートレート写真
北海道の工場 ホームページ用写真
プロフィール写真
IT企業のプロフィール写真
プロフィール写真
ホームページ用写真
スタッフ集合写真
ホームページ用写真
免税カウンター
ホームページ用写真
インタビュー写真
インタビュー中の写真
ゴルフスクール
ゴルフスクールのホームページ用写真
学習塾
学習塾のホームページ用写真

東京・大阪で歯科医院(クリニック)の写真撮影を依頼できる写真事務所

deltaphoto
法人向け出張撮影サービスdeltaphoto

最後に宣伝となってしまいますが、東京・大阪でカメラマンによる歯科医院(クリニック)の写真撮影サービスを提供している株式会社デルタクリエイティブの出張撮影サービスdeltaphotoを紹介させていただきます。

  • 会社案内
  • ホームページ用写真
  • パンフレット用写真

など人物撮影を中心に、東京・大阪より日本全国に出張撮影しています。

撮影料金は、4.5万円~/4時間となっています。

deltaphoto撮影料金表

プロカメラマンのマッチングサービス、準備中です

TOTTA ロゴ

日本全国対応の法人・個人事業主向けのプロカメラマンマッチングサービス。

写真・動画の発注に対応。

登録しているカメラマンは全員事務局の作品審査・対面審査を通過したプロのカメラマンのみ。

想定の発注料金は6万円程度~となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。