イベント写真の撮影相場|カメラマン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イベント写真の撮影をプロのカメラマンに依頼した場合の料金相場はいくらになるのでしょうか。

カメラマンに今まで撮影依頼をしたことがない、という人からすると「カメラマンの相場自体が皆目見当もつかない」というケースも多いと思います。

インターネット上のマッチングサイトなどを確認すると、プロのカメラマンだけでなくアマチュアカメラマンの撮影料金も多く掲載されているため、プロカメラマンが実際いくらから撮影を受けているのかという目安がわかりにくいです。

私自身現役のカメラマンではありますが、撮影内容や拘束時間によって相場観も変わってはくるものの、私自身の経験も踏まえ、カメラマンに会社案内やホームページの写真撮影はいくらから相談できるのかを紹介します。

イベント写真撮影の相場(フリーカメラマン)

フリーのカメラマンはそれぞれのカメラマンによってとてもばらつきがあります。

極端な話「言い値」で撮影されることが多い世界でもあったりしますが、多くは経験やそのカメラマンが普段どのようなクライアントとやり取りをしているかによって、カメラマンごとが決めている料金が決まっていることが多いです。

私自身、カメラマンとしてホームページ用の写真撮影を行うことも多くありますが、私の経験をベースにカメラマンの相場をまとめてみました。

フリーカメラマン 半日拘束した場合の料金相場

フリーランスのカメラマンを半日拘束した場合の相場観ですと、新人・中堅としてまとめると、半日の拘束ですと

フリーカメラマンの形態撮影費用 相場
新人フリーカメラマン1.5万円〜
中堅〜フリーカメラマン3万円〜

フリーカメラマン 一日拘束した場合の料金相場

フリーカメラマンの形態撮影費用 相場
新人フリーカメラマン2万円〜
中堅〜フリーカメラマン5万円〜

これが目安だと思います。「〜」がついているのは、あくまでも写真撮影を依頼できる最低の料金として考えてください。フリーランスのカメラマンによっては「倍以上もらっても動けない」という人も多くいます。また、私自身はイベント写真の撮影で一日拘束であれば、概算見積もりで10万円を提案することが多いです。

料金相場に関しては、あくまでも対応するカメラマンによってブレがありますので、参考程度としてお考えください。

特にイベントの記録撮影となりますと、照明を使って写真を作って撮影するということもないので、極端な話アマチュアのカメラマンでも対応ができてしまいます(勿論写真の品質や撮影時の様々な対応には差があります)。

だからこそ、フリーカメラマンに撮影を依頼する際には、慎重に行う必要があるでしょう。「値段ありき」でのカメラマン探しは、リスクを伴います。

撮影以外に必要な予算

撮影内容によっては、追加の予算が必要になる場合もあります。

出張費・交通費

撮影地が遠方の場合など、交通費がかさむ場合もあります。フリーランスのカメラマンは東京・大阪を中心とした都市部にいることが多いですので、遠方の場合には注意が必要です。

宿泊費

地方での撮影となると、前乗りのため撮影現場近くのホテルに宿泊する必要もあります。その場合には、宿泊費が追加になります。

写真事務所などの代理店経由でカメラマンを拘束した場合の料金相場

写真事務所も大きく分けて2パターンほどあり、インターネット上で検索して見つかるものと、所謂「写真事務所」です。インターネット上で検索して見つかる写真事務所は最低料金4万円程度からの安価なところが多い傾向にあります。

写真事務所の形態撮影費用 相場
写真事務所(インターネット)5万円〜
写真事務所10万円〜

写真事務所・制作会社経由でカメラマンを一日拘束した場合の料金相場

写真事務所の形態撮影費用 相場
写真事務所(インターネット)7万円〜
写真事務所20万円〜

イベント写真の撮影を得意とする全国のカメラマンを探す

私たちは、全国のプロカメラマンの審査制マッチングサイトTOTTAを準備中です。

写真審査と面接を通過したカメラマンのみが登録しているネットワークになります。

2018年内のリリースを目標としており、リリース後はこちらのTOTTA MAGにて紹介させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*