ビジネスプロフィール写真 撮影依頼のテクニック|ポートレート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近年SNSをはじめとした、インターネット上のコミュニティの発達などにより、プロのカメラマンによるビジネスポートレート(プロフィール写真)の撮り下ろしが活発になってきています。

インターネット上でのビジネスのやりとりが増えた今、実際に会う前にビジネスをすることも多いです(私自身写真撮影を生業としていますが、インターネット経由での問い合わせのみでで、ビジネスポートレート(プロフィール写真)の撮影当日までお会いしない、ということも珍しくはありません)。

そのため、私自身もホームページ上に自分自身のビジネスポートレートを掲載し、問い合わせいただく方に「安心感」を感じてもらうよう、自分自身のプロフィール写真をフォトスタジオで撮影、公開しています。

セルフブランディングとしてビジネスポートレート写真というのは非常に重要な要素です。プロフィール写真の良し悪しにより、仕事の内容や量にも影響が出る場合があります。

プロフィール写真撮影をカメラマンに依頼する際、どのようなことに気をつければいいのかを書いていきます。

ビジネスプロフィール写真(ポートレート)撮影前の準備

プロフィール写真を実際に撮影する前に考えていただきたいのは、ご自身の売り、もしくは売りにしたいことを事前に考えたり探し、それをカメラマンに伝えることです。

その情報をカメラマンはどのようなイメージでビジネスプロフィール写真を殺意するかのヒントにします。

ビジネスプロフィール写真例:「頼り甲斐のある印象」にしたい。

弁護士 ポートレート

「頼りがいのあるように」というイメージでライティング。わざと影を作ることにより、重厚感のある写真に仕上げている

コンサルタントや医師、弁護士といった立場の方が好まれる傾向が多いかもしれません。

カメラマンに例えばこのキーワードだけ伝えられれば、カメラマン側もイメージに沿った形で照明を組んだり、ロケ地を提案してくれると思います。

私の場合であれば、このようなオーダーを受けたら、室内でグレーバックや木目バックでフラットではない(影のある)ライティングから提案することになると思います。まさに掲載している写真のようなライティングです。

ビジネスプロフィール写真 例:「明るく爽やかな印象」を与えたい。

弁護士 プロフィール写真

光がよく回る大きな窓ガラスがある会議室でのプロフィール写真。照明ももちろん焚いている

営業さんや子どもと接する仕事など。「接しやすさ」や「優しさ」を表すことができます。

先程の影をつける写真ですと、真面目な表情が適切な場合が多いですが、このような明るい写真でしたら笑顔が良いです。

柔らかいライティングで、背景をぼかしています。

カメラマンに「このプロフィール写真のイメージで」と伝えることは非常に重要

スタジオ照明 ライティング

ある日のスタジオ用照明。仕上がりのイメージを聞きながら、ストロボ用のアクセサリーをセッティングするため、事前のイメージ共有は大切。

実は撮影に使うカメラやレンズ、照明用のアクセサリー(アンブレラ、ソフトボックス、など)は非常に多様であり、写真のイメージによってどのような機材を使うかを選ぶところから準備が始まります。

そのため撮影の直前ではなく、少なくとも前日までには「このような写真に近づけたい」というサンプルの写真をカメラマンに事前に送り、相談することが大切です。他写真事務所や他のカメラマンが撮影した写真でも問題はありません。

もちろん全く同じ写真を撮影することは難しいのですが、イメージを近づけることは可能です。カメラマンを選ぶ際に、自分の理想とする写真を過去撮ったことがある人を選ぶのも大切です。

カメラマンによっては商品写真の撮影を得意とするけれど、プロフィール写真などの人物写真撮影が不得意、といったケースは珍しくありません。

会社のオフィスへの出張撮影にもかかわらず、当日撮影現場に行ったら、そこで初めて「専用のフォトスタジオで撮影した写真に近づけたい」と言われた経験が私自身にもありますので、イメージ写真は必ず事前にカメラマンに共有し、必要であればフォトスタジオの手配も行いましょう。

プロフィール写真の撮影中はとにかく楽しむ

撮影するカメラマンは勿論プロです。撮影が始まれば、カメラマンに任せて撮影を楽しむようにしてください。

自分のプロフィール写真を撮る経験が過去に何度もあって慣れているという方は少ないかと思います。

私自身ビジネス向けのプロフィール写真撮影を多くしておりますが、基本的にみなさん緊張してらしたりすることが多く、顔の表情がこわばったり緊張している状態のままいらっしゃる方は多いです。

もちろんカメラマン側も笑顔を出すように勤めるのですが、会ったばかりの人を必ず笑わせられるかというとカメラマンだけの力量ではどうすることもできないことがあります。写真はたくさん撮影して、その中の一番いいものが選ばれますし、恥ずかしがらずに「出し切った」ほうがいい写真になります。

そして、その楽しめる雰囲気作りにはカメラマンのテクニックもありますが、その次に重要なのは、周りの皆さんの協力です。

笑顔を引き出す1番の近道は「雰囲気づくり」

カメラマンの声かけに加えて、周りの人たちが声をかけてくださると、普段通りの笑顔を引き出せることが多いです。

緊張感のある真面目な写真を撮る際には少人数で撮影するほうが良いのですが、笑顔の写真が必要となると、普段一緒に仕事をしている方がその場を盛り上げていただくと非常に助かります。いわゆる「ガヤ」ですね。

左向き、右向き、「私はこっちがいい」を見つける

人間の顔は左右の印象で違います。

向きなどがデザインの関係上決まっているというわけではない限り、右向き左向きなどあらゆる方向からカメラマンに撮影してもらうことが良いです。

カメラマンによってはカメラとパソコン、iPadにリアルタイムに写真を送りながら撮影するテザー撮影(連結撮影)をする人がいます。

撮影したプロフィール写真の印象を見ながらよりよい写真に近づけていくとは良いでしょう。

会社への出張撮影時「うちの会社にはいい背景がない…」という場合

プロジェクター用のスクリーン。プロフィール写真撮影用の背景にも使える。

白の背景で写真を撮りたいんだけれど、ちょうどいい白い壁がない…という場合、よく使われるのがプロジェクター用のスクリーンです。

普段はこのスクリーンは出していることがないので、汚れていることも少なく、バストアップ写真用としてはとてもちょうどいいのです。ただし全身の撮影には勿論適さないので、その場合にはカメラマンに背景紙の持ち込みを依頼しましょう(背景紙は消耗品である上に、非常に大きく車での対応となるため、対応できるカメラマンが限られることがあります。基本的には追加料金が必要なものだと考えておきましょう)

プロフィール写真の写真撮影が得意なカメラマンを探す

プロフィール写真撮影ができるカメラマン探しに役立つサービスを紹介していきます。

BtoCを中心に写真撮影サービスを提供しているカメラマンのマッチングサービスOur photoさん。

キヤノンマーケティングジャパンより出資を受けているサービスです。

Our Photo

OurPhoto

キヤノンマーケティングジャパンより出資を受けるカメラマンマッチングサービスのOurPhoto

50分 6,480円(税込)から対応のカメラマンマッチングサービスです。

BtoCを中心に全国で出張撮影に対応しているようです。

fotowa

fotowa

PIXTAによるカメラマンマッチングサービスのfotowa

PIXTAを運営するピクスタ株式会社の出張撮影サービス。

BtoCを中心に全国で出張撮影に対応しているようです。

https://fotowa.com/

ミツモア

ミツモア

見積もりを5名から募集できるミツモア

ビジネスマッチングサービスのミツモアさん。

見積もり依頼を出すと、5名までのカメラマンが見積もりを送ってきます。

deltaphoto

法人向けのプロフィール写真撮影を得意とする出張撮影サービスのdeltaphoto

最後に宣伝となってしまいますが、株式会社デルタクリエイティブが運営しています、法人・個人事業主専門の出張撮影サービスのdeltaphotoです。

東京・大阪を中心にビジネスポートレート、ホームページ・会社案内用などの写真を中心に出張撮影しています。

4.5万円〜、カット数無制限です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。